エレビットに含まれるβカロテン|ビタミンAは妊婦には危険?

elevit

 

 

 

このページの答え

 

エレビットに入っているビタミンAはβカロテンで心配なし!

 

解説

 

エレビットに含まれるビタミンAについての評判と口コミ情報

 

エレビットにはビタミンAが入っています。

 

妊娠を希望されている方でビタミンAと聞くと摂取して大丈夫なのかな?

 

ビタミンAの摂取って危険じゃないの?っと思いエレビットの評判や口コミ情報を調べたりする方は多いのではないでしょうか?

 

 

 

っと思うのもビタミンAは脂溶性のビタミンで(葉酸やビタミンBやビタミンCなどは水溶性のビタミン)、

 

身体に残りやすく妊娠中にビタミンAを過剰摂取すると胎児の催奇形性の可能性が高まると言われているからですね。

 

 

でもビタミンAは少なすぎても問題があるビタミンです!

 

妊娠初期でも厚生労働省によるビタミンAの摂取推奨量は減っていませんし、妊娠後期の妊婦や授乳婦の場合では厚生労働省によるビタミンAの摂取推奨量は増えています。

 

ですのでビタミンAは適量の上手な摂取を心掛ける必要があります。

 

葉酸サプリに含まれるビタミンAについての口コミ情報

 

ビタミンAは、視覚、聴覚、成長促進、生殖機能、皮膚粘膜、たん白質合成などに関与するビタミンです。

 

ビタミンAには細菌やウイルスから身体を守る皮膚、喉、鼻、気管支などの粘膜を健康に保ち身体の抵抗力を維持する働きがあるので、ビタミンAが不足すると皮膚や粘膜が乾燥して固くなったり、免疫力の低下が懸念されます。

 

ビタミンAはβカロテンを中心に適量を上手に摂取しましょう!

 

妊婦にビタミンAは必要か?それとも危険か?専門家の意見

 

簡単に言うとビタミンAの摂取では、レチノールβカロテンの2種類を考える必要があります。

 

胎児の催奇形性誘発リスクが増えるなど、妊娠中の過剰摂取で問題になるのは動物性食品に含まれるレチノールの方で、

 

エレビットに含まれているビタミンAはβカロテンです。

 

 

βカロテンは緑黄色野菜に多く含まれていて、体内でビタミンAと同じ働きをする物質に変わるプロビタミンAと呼ばれ、体内で必要以上にビタミンAと同じ働きをする物質には変わらないため過剰摂取の心配がいらない成分です。

 

ですので、エレビットの評判や口コミ情報を気にされている方、安心してください。

 

エレビットに入っているβカロテンの場合は過剰症の心配はありません。

 

(文献によってはビタミンAはレチノール、βカロテンはプロビタミンAと分けられている事もあります。)

 

 

 

レチノールが多く含まれている食べ物

レチノールは動物性食品に多く含まれています。

多い

 

■鳥・豚レバー
■うなぎ

 

やや多い

 

■ほたるいか
■銀だら
■あなご
■卵黄
■有塩バター

βカロテンが多く含まれている食べ物

βカロテンは緑黄色野菜に多く含まれています。

 

■にんじん
■春菊
■ほうれん草
■小松菜
■チンゲン菜
■モロヘイヤ
■西洋かぼちゃ

 

鳥のレバー、豚のレバー、うなぎなどは妊婦のビタミンA1日摂取量の目安を簡単に越えてしまうので注意が必要です。

 

 

 

食品中に含まれるビタミンAを調べると、IUと言う単位で表記されている場合と、μgRAEと言う単位で表記されている場合がありますが、

 

IU:ビタミンAの効力(国際単位)
μgRAE:レチノール活性当量

 

1IU=0.33μgRAEで計算できます。

 

 

食べ物にどのくらいビタミンAが含まれているのかは、内閣府食品安全委員会の資料(▽下記)が参考になります。

 

http://www.fsc.go.jp/sonota/

 

ビタミンAの1日摂取の目安などは厚生労働省の資料(▽下記)が参考になります。

 

http://www.mhlw.go.jp/file/

 

P16で、

 

18〜29歳の妊婦さんの場合

 

■妊娠初期〜中期で650μgRAE
■妊娠後期で730μgRAE

 

■耐容上限量2700μgRAE

 

30〜49歳の妊婦さんの場合

 

■妊娠初期〜中期で700μgRAE
■妊娠後期で780μgRAE

 

■耐容上限量2700μgRAE

 

が確認できます。

 

ビタミンA他の妊娠前に比べ妊婦さんが摂取量を増やす必要がある栄養素についてが確認できます。

 

http://www.mhlw.go.jp/file/

 

 

 

 

 

− エレビットの口コミ・評判に戻る −

評判の良い葉酸サプリメント1

とにかく安心感重視な方向けの葉酸サプリメント!

 

■ママニック葉酸サプリ

 

評判の良い葉酸サプリ

 

 

 

 

 

 

評判の良い葉酸サプリメント2

酵母葉酸と豊富な栄養成分が決め手!

 

■ベルタ葉酸サプリ

 

口コミが好評な葉酸サプリ

 

 

 

 

 

ベルタ葉酸サプリに含まれているビタミンAは危険?

 

こちらも評判や口コミを調べている方がいるかもしれませんので一応解説をしておきます。

 

 

ベルタ葉酸サプリにもビタミンAが配合されていますが、配合されている量が極微量なので目安の1日4粒での服用では過剰摂取を全く心配する量ではありません。

 

参考:

 

18〜29歳の妊婦さんの場合

 

■妊娠初期〜中期で650μgRAE
■妊娠後期で730μgRAE

 

■耐容上限量2700μgRAE

 

30〜49歳の妊婦さんの場合

 

■妊娠初期〜中期で700μgRAE
■妊娠後期で780μgRAE

 

■耐容上限量2700μgRAE

 

 

ビタミンAを多く含む食品100gあたり

 

■鶏レバー(生) 14000μgRAE
■豚レバー(生) 13000μgRAE
■やつめうなぎ(生)8200μgRAE

 

■うなぎ(かば焼)1500μgRAE
■牛レバー(生) 1100μgRAE
■ぎんだら(生)1100μgRAE

 

■あなご(生)500μgRAE
■プロセスチーズ240μgRAE
■鶏卵全卵(ゆで)130μgRAE

 

■普通牛乳38μgRAE

 

ベルタ葉酸サプリ目安1日4粒あたり

 

たったの1.8μgRAE

 

 

 

参照:食品安全委員会

http://www.fsc.go.jp/sonota/

 

合わせてチェックしておきたい評判の良いアイテム

妊娠時の肌トラブル対策

 

■ベルタマザークリーム

 

評判の良い妊婦に必要なケア
口コミが良好な妊婦に必要なアイテム

 

 

 

 

 

妊娠体験談6【クチコミアドバイス☆彡】

出産経験者からの評価

 

子育て中ママの話と評判

兵庫県在住
マイさん

 

1人目の出産28歳
2人目の出産30歳


 

 

子どもを授かってからは本当に毎日があっという間に過ぎ去っていきます。

 

自分の時間は子供たちが寝静まってからしかなく、日中は子供の世話と家事で終わってしまいます。
特に2人目を出産してからは上の子がお昼寝しないため赤ちゃんと一緒に寝ることもできず、休む時間がないことが本当に大変です。
夜間授乳がある時期は寝不足が続きしんどいです。

 

しかし、子供を育てるのはしんどいことばかりではありません。
ご飯を作った時に「おいしい!ママ作ってくれてありがとう!」と言ってくれたり、「ママ大好き!」と言ってくれたりと幸せだと感じる瞬間は毎日たくさんあります。
赤ちゃんは笑ってくれるだけで幸せを感じることができます。
しんどい以上に幸せがあふれる毎日になりました。

 

子育て中に一番ほっこりとくっすっと笑ったのは、子どもの寝言です。
赤ちゃんでもケラケラ笑っていたり、食欲旺盛な上の子は夢の中でも何か食べているようでちょっ中「いただきまーす!」と寝言で言っています。
これを聞くと1日の疲れもストレスも吹っ飛んで行ってしまいます。

 

妊活中は体を温めることを心がけていまいた。もともと冷え性だったので、しょうがを積極的に摂取したりと気を付けました。
おかげで妊娠する頃には冷え性がかなり改善されていたので、やはり体を温めることは妊活にも有効なのではないかと感じています。

 

私の出産は2回とも深夜の破水から始まりました。
破水する日に特別何かしたわけでもなく、普段通りに生活していておなかの張りも全く感じていなかったのに、深夜に突然破水したのです。
1人目の時はかなり驚きましたが、破水は慌てなくても大丈夫です。
ただ、破水すると夜用ナプキンでは全く役に立たないので、突然の破水に備えてお産パットを1枚持っておくと安心だと思います。

 

陣痛が全くない状態で破水すると出産に時間がかかると産院でも言われましたが、私は1人目では破水から6時間、2人目に至っては2時間で出産しました。
かなりの安産でした。陣痛中に心がけていたことは、陣痛で痛いのは私だけでなく、赤ちゃんも痛いのだから赤ちゃんを応援してあげようということです。

 

陣痛を怖がらなければ進みが早くなり、出産までの時間が短くなる傾向があるそうです。
陣痛を怖がらずにどんどん強い陣痛来い!くらいに思っていた方が結果的に痛い時間が短くすみますよ。
(^^)/♪

 

妊娠体験談7【クチコミアドバイス☆彡】

妊娠検査薬と排卵日検査薬

 

子供一人のママさんの口コミ情報

東京都在住
ハナコさん

 

33歳で出産
一人っ子の息子を持つ母


 

 

子供が生まれて、常に大変だと思う事ばかりです。
その中でも大変だと感じたのは、体力の事です。
わが家は男の子なので、特にそう感じています。
小さいうちは、まだこちらの方が体力があるのでついて回るのも余裕でした。
でも、幼稚園年長さんあたりから、かなり体力がつき、ついていけなくなってきたのです。
ある程度まで成長すれば、そんな心配も必要なくなると思います。
しかし、あと数年は自分の体力が持つか心配なところです。

 

そんな心配もありますが、生まれてくれて幸せだなと感じる事は大変だと思う事以上にあります。
一番、幸せだと感じる事は、寝顔を見ている時です。
泣いたり、駄々をこねたりする時はうんざりもします。
しかし、寝ている時は無条件で本当に可愛くて、私が生きてきた中で一番の幸せを実感します。

 

それから、思わず笑ってしまう事も多々ありました。
例えば、何でも口に入れてしまう時期の事です。
おもちゃや本、何でも目に見えるものを口に入れると言う時期です。
ふと、わが子を見るとテレビのリモコンを口に。
しかも、もう無理というくらいにいっぱい突っ込んでいたのでした。
舐めるというレベルではなく、頬張る感じです。
リモコンにかぶりつくわが子、それを見た時は、思わず笑ってしまい、写真もとってしまったほどです。

 

こんな可愛い我が子を授かる為に私がやった妊活があります。
それはとにかく体を温める事でした。
もともと冷え症だったので、婦人科系の不調も多く抱えていました。
婦人科系の不調には体を温めるのが効果的と知り、実行。
出来るだけ下半身は温めるようにした結果、妊娠。
実際にどの程度関係するかはわかりませんが、冷やすのは絶対に良くないと思います。

 

それから、実際の出産についてです。
出産予定日というのがありますが、その前後の満月に出産は大きく影響されるようです。
私も出産前は損な事を信じていませんでした。
しかし、見事に予定日の1週間前、満月の日に出産しました。
そして、病院も満月前後は満室に近くなると言う事です。
もしも、予定日が近くなったら、満月の日を確認してみるといいかもしれません。
なんらかの参考になるかもしれません。

 

出産をする前は本当に恐怖でした。
しかし、振り返ってみると想像の方が大きくなり、そこまで怖いものではなく無事に出産を終えました。
色々と考えていましたが、終えてみるとあっと言う間。
考えるより、産むが易しとは本当だと実感しました。

 

 

妊娠体験談8【クチコミアドバイス☆彡】

基礎体温をつける習慣

 

妊婦さんの苦労話、評判と口コミ情報

北海道在住
mikiさん

 

27歳の時
30歳の時に出産を経験
子供の人数は二人


 

 

現在30代主婦のmikiです。27歳の時と30歳の時に出産しました。子供は二人です。

 

子供を授かり一番大変だなと思ったのは、新生児の育児をしていた時ですね。
痛くて辛い思いをして出産。小さくて可愛い我が子を抱いた時は安心と幸せで、それまでの痛みなんてどこかへいきました。
授乳、オムツを何度も取りかえる、夜泣き対応などすべきことがいっぱいでびっくりしました。
身体を休める暇がないんです。母乳がうまく出なかったり、赤ちゃんが上手に吸えなかったり、乳腺炎になったりなどトラブルがいっぱいでした。
ずっと抱っこをしてやっと寝たと思ってベッドに置いたら、ギャーっと泣かれてこっちが泣きたくなりました。
今は良い思い出ですが当時は三ヶ月ぐらい苦しかったです。

 

 

思い通りにならない赤ちゃんにイライラすることもありますが、寝ている時の顔が天使なんです。
寝ている時の顔を見ると可愛すぎて明日が頑張ろうって思えるんですよね。
赤ちゃんの笑顔は最高に可愛いですね。ニコっと笑ってくれる顔が可愛くて、この子が私のところへ来てくれて本当に良かった、ありがとうって幸せな気持ちになれました。

 

 

子育て中に笑ってしまうのは子供の言い間違いです。
言葉が話せるようになると会話が楽しくなるのですが、言い間違いは多いです。
うちの子は「びっくり」のことをずっと「ぶっくり」と言っていました。
「とうもろこし」のことは「とうろもこし」など。
どうしてそんな風に間違えるのかと思って笑ってしまいます。
子供が悪いことをして怒っていても、こういう言い間違いをされると怒りも冷めてしまいます。

 

 

私は結婚してすぐには妊娠しなかったので半年ぐらい妊活をしていました。
規則正しく生活をする、早寝早起き、適度な運動(ヨガ・ウォーキングなど)、バランスのとれた食事を心がけていました。
マカサプリを飲んだのですが冷え性が改善されて月のリズムが良くなったのでおすすめです。
赤ちゃんがお腹にきてくれる為には、妊娠しやすい身体作りが大切ですよね。

 

 

出産はいつどのように始まるかわからないので、出産の準備は余裕をもってすると良いと思います。
出産する前と出産後に必要なものなどチェック項目を作ってしっかりと準備をしておけば安心です。
私は出産後の手続きに対してあまり調べていなかったのでバタバタしてしまい大変でした。
出生届の提出や健康保険の加入、乳幼児医療費助成の申し込みなど出産前に調べておくと良いと思います。

 

 

初めての子は丸二日痛みで苦しみましたが、二人目の子は破水して1時間ぐらいで生まれてしまいました。
出産は怖くて不安でしたが、子供が生まれるとこの子のためならなんでもできると強いママになることができました。
子供にいつも生まれてきてくれてありがとうと思っています。

 

 

妊娠体験談9【クチコミアドバイス☆彡】

ベビ待ちの夫婦からの評判

 

女性の声、評価、評判

神奈川県在住
じゅりまるサン

 

出産年齢34歳
子供2人(双子)


 

 

妊活をして念願の赤ちゃんでしたが、最初は一人と言われていて心拍確認の日に「もう一人います」と言われ驚きました。
急に2人のママになり夜泣きもダブルで同時にされ、隣に住んでいる姑に助けてもらいました。

 

庭師の旦那は安全第一の仕事で寝不足は致命的なので、夜はまったく手伝ってもらえず大変でした。
男の子と女の子の双子でそれぞれ興味がある方向へ動くので、公園では常に私と姑か実母の2人体制で監視しなければ危なかったです。
ちまたの育児書通りの育児なんて全く出来ず、ただただ怪我なく事故なく無事に幼児期を乗り越えるのが目標でした。

 

姑と実母が体力的に限界がきた時はファミリーサポートを利用しました。
元保母さんだった凄腕のファミリーサポートの方が来てくれて色々相談ができて心強かったです。

 

うちは双子でお互いにやきもちをやきあって、ママの取り合いを小学生5年になってもたまにやっています。
家ではママである自分はモテモテなんだとたまに優越感にひたれます。
ママの取り合いは限度を超えるとうっとおしいですが、いつか成長して離れていくと思えば、甘える子供の顔も可愛く見えてきます。

 

双子の兄は「お兄ちゃんでしょ」と言いきかすと「俺は5分先にママのお腹からでてきただけで、お兄ちゃんじゃない。
兄ちゃんじゃないから譲らない」と言い返されます。
双子は幼稚園や学校の話など同学年なだけにピッタリ話があうようです。
幼稚園の時に補助輪つきの自転車を乗れるようになり、なぜか双子の妹を後ろに載せて2人乗りしてみせてくれカップルみたいでした。

 

妊活はタイミング→人工授精→体外受精とステップアップしていきました。
もう30歳すぎていたらステップアップは急いだ方が成功率があがると思います。
あとは基礎体温を整えるために運動を定期的にすることが重要です。

 

出産についてはホントかウソか「満月の日は出産が多い」と管理入院していた時に同部屋だった人から聞きました。
実際自分も予定日は一週間先だったのに37週目の満月の日に突然破水し、帝王切開となりました。

 

出産の日を振り返ると、同じ日に6人が破水し分娩室が満員になってしまいました。
自分は帝王切開なので手術の時間になるまで点滴でナースステーション近くの部屋で寝かされ、破水が夜中2時でしたが、出産は14時でした。
施設が整っている大学病院でしたが、破水から12時間待つのはとても不安でした。
子宮を縛る手術をしていたせいか、お医者さんたちは全然焦ってなさそうだったのが救いでした。

 

 

妊娠体験談10【クチコミアドバイス☆彡】

子供を持って良かったと言う声、口コミ情報

 

出産経験者の声、アドバイスと口コミ

神奈川県在住
あこサン

 

30歳の時に第1子を出産
子供の人数は一人


 

 

子供を授かって大変だと思う事は何と言っても逃げられないことです。
理由がわからずずっと泣いている時、寝ない時、ご飯を食べない時など、自分の思う通りにいかない事は数知れず。
しかもそれは自分が忙しい時に限ってやってきます。でも逃げられない。成長してもまた違う形でやってきます。
うちは主人の休みがあまりなく、実家は近くてもあまり頼れないので何度も心が折れそうになったり気が狂いそうになりました。

 

 

そんな私を支え、ここまで頑張って来れたのもまた、子供のおかげです。
5歳になり自分の気持ちを言葉に出来るようになった息子は、毎日私に大好きと言い、覚えたての字でお手紙をくれます。
落ち込んだり、具合が悪い時はギュッと抱きしめ頭を撫でてくれたり、お手伝いをしてくれます。
毎日私に向けてくれる可愛い笑顔を見るたび、少し照れながら渡してくれる「大好き、いつもありがとう」と書いた手紙を見るたび、言葉では言い表せないくらい幸せな気持ちになります。

 

 

まだ子育て歴は5年ですが、忘れられないエピソードがあります。
お風呂上がりに自分の支度をしていたら、私の保湿ジェルを頭と顔にべったり塗りたぐっていた事がありました。
折角お風呂に入れたのに5分もしないうちに頭と顔がベタベタ。
きっと本人は私の真似をしていたのでしょう。
その衝撃的な姿には怒るどころか思わず大笑いしてしまいました。

 

 

今は子供がいる毎日が当たり前になっている私ですが、なかなか授からず悩んだ時期がありました。
半年待っても授からず焦りもありましたが、一度気持ちをリセットした頃子供がやってきました。

 

 

ホッとしたのもつかの間、食べづわりで気持ちの赴くままに食べ続けた結果、体重増加で病院から指導されることになったのです。
出産が大変になるからと食事は減塩、毎日たくさん歩くようにしました。
陣痛が来てからは痛みに堪えるのに必死でしたが、陣痛中は腰を温めるととても楽になったので、出産を控えてる方にはぜひ試して頂きたいです。
出産は春でしたが、レンジで温めるものがとても役に立ちました。

 

 

長い陣痛に苦しみようやく対面出来た我が子。初めて愛おしいという感情を感じました。
陣痛から解放され終わったと叫んだ私に助産師さんは、これが始まりよと言いました。
今ならわかります。出産はゴールではなくスタート。そして原点です。
育児に行き詰る事はこれからも沢山あるでしょう。
そんな時は出産した日の事を思い出し、少しずつ進んでいけたらと思います。